禁煙外来について

受信される方へ

受信される方へ

喫煙は生活習慣病(高血圧・糖尿病・高脂血症)による動脈硬化症の進行を促進し、心筋梗塞、脳卒中のリスクを高めます。最悪の場合、喫煙が原因で肺気腫、肺がんなど、命にかかわる重篤な病気にかかってしまうことがあります。
禁煙が難しいと考えられているのは、タバコがなくなっては落ち着かないという精神的依存、ニコチン血中濃度が下がると猛烈に欲しくなってしまう肉体的依存(ニコチンの依存症)の2つが絡みあっているからだと云われています。
つまり、意志が弱いからではなく依存性があるからなのです。
そして、薬物依存という病気であると理解され、2006年4月より保険が適用されるようになりました。

対象患者の4条件

以下のすべての要件を満たすものであること。

  1. ニコチン依存症に係るスクリーニングテスト(TDS)で、
    ニコチン依存症と診断されたものであること。
  2. ブリンクマン指数(=1日の喫煙本数×喫煙年数)が200以上の者であること
  3. 直ちに禁煙することを希望している患者であること。
  4. 「禁煙治療のための標準手順書」にのっとった禁煙治療について説明を受け、当該治療を受けることを文書により同意している者であること。
  1. 過去に何回も禁煙をチャレンジした。
  2. ストレスを感じやすく、それが原因で量が増える。
  3. 口がさみしいと感じて吸ってしまう。
  4. 食後、寝起き等、生活の習慣になってしまっている。

上記のような方はもちろん、禁煙にご関心のある方はお気軽にご相談ください。

大まかな治療の流れ

  • 1.問診票記入
  • 2.初診

    喫煙状況の確認
    呼気一酸化炭素濃度の測定
    治療方法の説明

    治療開始日の決定
    禁煙補助薬の処方
    次回診察の予約(約2週間後)

  • 3.診察

    喫煙状況の問診
    喫煙補助薬処方
    問題点とアドバイス等

    次回診察予約(約2週間後)

PAGE TOP