予防注射について

目的と重要性

目的と重要性

乳幼児期には免疫が未発達な為、さまざまな感染症にかかります。
そして感染していくことで免疫を付けながら成長していきます。
免疫力を比較すると、生まれてからすぐが一番弱く、6ヶ月過ぎになると少しずつ強くなってきますが、2歳くらいまでは弱いままです。そのため、菌が簡単に子供の免疫システムを通り抜けて、重大な病気を起こしやすくなるのです。はしかや百日せきなども、年齢が低いほど、重症になりやすい病気です。
免疫力の弱い子供たちがVPD(ワクチンで防げる病気)にかかって重症化するのを防ぐ助けになるのが、予防接種(ワクチン)なのです。

予防接種(ワクチン)で防げるもの

定期 任意
  • 麻しん(はしか)
  • 風しん
  • ポリオ
  • BCG(結核)
  • 3種混合
  • 4種混合
  • 日本脳炎
  • みずぼうそう
  • ヒブ
  • 肺炎球菌
  • おたふくかぜ
  • みずぼうそう
  • インフルエンザ
  • A型肝炎
  • B型肝炎
  • ロタウィルス胃腸炎
VPDではない感染症はワクチンがないため、予防が困難な感染症です。

予防接種(ワクチン)のポイント

  • VPDは死亡や後遺症リスクのある重大な病気
  • 自然感染ではなく、ワクチンによる予防が重要
  • ワクチンで防げる病気は、しっかり予防することが大切

予防接種(ワクチン)スケジュール

予防接種(ワクチン)スケジュール

PAGE TOP